診療紹介

歯科麻酔科は,歯科治療中に気分が悪くなったことのある患者さん,怖くて歯の治療が受けられない患者さん,脳性麻痺による不随意運動などの障害をお持ちの方で歯科治療が困難な患者さんや,重症の全身疾患を持った患者さん等の歯科治療に対応する診療科です。当科は,こうした歯科麻酔科外来での診療に加えて,手術部における口腔外科領域の手術や歯科治療時の麻酔管理/全身管理を行っています。

スタッフ紹介

トピックス

診療内容

◆診療体制・治療方針
【モニター管理下での歯科治療】
 高血圧,狭心症や糖尿病などの内科的疾患をお持ちの患者さんは,歯科診療中に緊張や痛みで体調が悪くなったり,持病が悪化することがあります。このような患者さんの場合,心電図や血圧計などのモニターをつけた状態で歯科治療を行います。処置中に体調が急変した場合に,すぐに対処できるようにしています。
【精神鎮静法を用いた歯科治療】
 歯の治療が怖くて受けられない患者さん,嘔吐反射が強くて歯科治療が困難な患者さん,快適で安全な歯科治療を希望される患者さんなどに対して,精神安定剤の点滴や麻酔ガスを吸入して歯科治療を行います。意識が保たれたまま,緊張がとれてリラックスした状態で快適に歯科治療を受けることができます。
【全身麻酔下での歯科治療】
 様々な理由によって通常の歯科治療が困難な患者さんに対して,全身麻酔下に歯科治療を行います。治療当日に来院して全身麻酔下に治療をうけ,その日のうちに帰宅する日帰り全身麻酔による歯科治療にも対応が可能です。
【手術部での麻酔管理/全身管理】
 口腔外科領域における侵襲の大きな手術時の全身麻酔や精神鎮静法の管理を行っています。

◆得意分野
・ 歯科治療時の精神鎮静法,全身麻酔
・ 口腔外科手術の全身麻酔
・ 有病者・障がい者の歯科治療時の全身管理

◆対象疾患
・ 歯科治療に対する不安,恐怖症
・ 歯科治療時に障害となる嘔吐反射
・ 歯科局所麻酔薬アレルギー

いきいきらいふ(徳大病院だより)

「いきいきらいふno.33(2011.10月号)」に記事が掲載されました

精神鎮静法を用いた歯科治療・口腔外科手術

※掲載記事はこちら→閲覧