診療紹介

 呼吸器・膠原病内科は、肺がん、間質性肺炎、呼吸器感染症、喘息、COPD 、睡眠時無呼吸症候群等の呼吸器疾患と、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス等の膠原病の診療を担当しています。最先端の診断技術による早期診断から高度先進医療まで、患者様サイドに立った視点から、チームワークを基本とした診療を進めています。また、禁煙外来、リウマチ県民講座、アレルギーフォーラム等の啓発活動にも力を入れています。

主要疾患

呼吸器内科

1. 肺がん:蛍光気管支鏡、超音波気管支鏡を用いた早期診断、治療面では新規薬剤の多施設共同治験・臨床試験に積極的に参画しています。また、外来化学療法を積極的に行っています。
2. 間質性肺炎・肺線維症:気管支肺胞洗浄、胸腔鏡下肺生検による正確な診断に取り組み、多施設共同臨床試験などの新規治療の開発に参画しています。
3. 気管支喘息:咳喘息の診断にも有用なアストグラフ(気道過敏性検査)と呼気NO検査の導入、ピークフローによる喘息の自己管理の指導、新規抗喘息薬の臨床試験にも取り組んでいます。
4. 呼吸器感染症:肺炎、慢性気道感染症、抗酸菌感染症(結核、非結核性抗酸菌)に対する診断・治療を行うとともに新薬の臨床試験も行っています。
5. 慢性閉塞性肺疾患(COPD):在宅酸素療法を含めガイドラインに基づいた診断・治療を行っています。
6. 睡眠時無呼吸症候群:終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)による診断、nasal CPAPによる在宅持続陽圧呼吸療法を行っています。

膠原病内科

1. 膠原病:徳島県膠原病リウマチ県民講座を定期的に開催し、啓蒙活動を行っています。
2. 関節リウマチ:生物製剤治療、新規抗リウマチ薬に関する臨床試験に取り組んでいます。 関節超音波検査を導入し、診断・治療に活用しています。

スタッフ紹介

最先端の診断技術による早期診断から高度先進医療まで、患者様サイドに立った視点から、チームワークを基本とした診療を進めています。

トピックス

診療に関するお問い合わせ

外来診療に関するお問い合わせ先
【内科外来】088-633-7118
【総合案内】088-631-3111

※FAX予約は、かかりつけの病院からの紹介によるものを原則とします。患者さんご本人からのFAXはお受けできませんのでご了承下さい。詳しくは患者支援センターのページを参照願います。
http://www.tokushima-hosp.jp/info/circulatory_center.html?view=1&rank_code=center&belong_code=6

HPに掲載の個人情報について

<注意>
このページに記載されている職員の個人情報等は、患者様や、そのご家族、院内外の医療従事者向けのものとなっております。
※許可なく医療と直接関係のないDMや、アンケート等へのご利用はご遠慮ください。(特に企業名、個人名での不動産関係のDMなどは固くおことわりしております。)